エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

試乗

PEUGEOT(プジョー)SUV2008に乗ってステンレスタンブラー貰ってきたぞ!営業さんの対応がルノー某店舗と大違いでおフランスへの偏見が無くなったぞ!4


日本車外車に関係無く、ネットでよく試乗キャンペーンをやっています。特に、外車は試乗キャンペーンに応募して適当なディーラーに申し込んで試乗すればけっこう良い景品が貰えるので、試乗できる上に景品まで貰えるという、試乗乞食にはとても嬉しいシステムとなっております。ただし、自分の個人情報と引き換えの上、普段は全く興味の無い人でもそのメーカーを知る良い機会なので決して相手にも悪くは無い話です。これは私が試乗乞食だからその言い訳で言ってるわけではなく、本当の話です。今回試乗させていただいたのはSUV PEUGEOT2008というコンパクトSUVモデル。日本車で言うとマツダのCX-3に相当するのでは無いでしょうか?今回貰える景品はPEUGEOTオリジナルタンブラーということで、あのかっこいいベルフォールのライオンマークの入ったタンブラーを貰いに試乗に行きました!

SUV PEUGEOT 2008

形式 ABA-A94HN01
トランスミッション 6速AT(トルコン式)
全長 4,160mm
全幅 1,740mm
全高 1,570mm
最小回転半径 5.5m
車重 1,230kg(オプションのガラスパノラマルーフ付きは1,250kg)
エンジン 3気筒ターボDOHC
排気量 1,199cc
最高出力 81kW(110hp)
最高トルク 205Nm(20.9kg)
JC08モード燃費 17.3km/l

ネットで任意の店舗を選んで予約をすると、プジョーサービスダイヤルから電話がかかってきて細やかなフォローを受けて正式に日時を決定し、店舗から予約確認のメールが届いて予約完了という形でした。しかし!予約当日に急用ができて「予約時間を早めてもらっていいですか?」と電話をすると「もちろん大丈夫です!お待ちしています!」と、同じおフランスでもルノー某店舗とは大違いのとても気持ちのいい返事でした!さてスペックは上記の通り。SUVということもあり、マッドモード(ぬかるみ)サンドモード(砂地)スノーモード(雪道)、ノーマルモードと備えていますが、要はただのトラクションコントロールだとツッコミを入れないように!そして6速ATも乾式デュアルクラッチシステムではなく昔ながらのトルコン式ですが、正直ヘタに未完成で安物な乾式デュアルクラッチ式よりトルコン式の方が乗り心地も良く、さらにアイシン製のトルコンなので文句の付けようがありません。ラゲッジスペースもけっこう広く、コンパクトSUVとして申し分無い使い勝手です。ただ、残念なのはコンパクトSUVとはいえ一応3ナンバーのボディを有しているくせに足元が狭く、後部座席もお世辞にも広いとはいえない感じでした。マツダのCX-3の方が後部座席は広い印象でした。でもそんなしょっちゅう後部座席に人を乗せる機会があるなら最初からもっと大きな車を買えばいいだけなのでそこも問題無しです。実際に乗って走らせてみると、ブレーキの踏み心地がとても良く、踏み心地は「ブレンボ型(勝手に名付けた)」で、フニャッとした感じは無く、踏めば踏んだだけ応答してくれるタイプなのでこれはSUVタイプにも向いている踏み心地です。あと、ウインカーリレーの音も上品で好きな音でした。試乗の後、208GTiや308GTiのカタログも付けてくれて無事タンブラーをいただきました。ご対応いただいた営業さん、ありがとうございました!
2008SUVIMG_2580

ルノー・ルーテシア R.S. トロフィーに乗ってみた!これはデザインだけで買う理由になる!買え!でも対応した営業さんの対応はちょっとアレだったぞ!3

さて、ルノーといえば言わずもがなF1の名門。そしてメガーヌでシビックと不毛なFFニュルブルクリンク世界最速を争っているレーシングなメーカーというイメージから、あの日産を買収したことでフランス車の中では最も身近に思えるメーカーでは無いでしょうか?(個人的見解)
そんなルノーが出すスポーティなグレードの車、やはり乗っておくべきですね。(→試乗乞食が言うな!)

ルーテシア R.S. トロフィー(試乗したやつはマイナー前なのでハロゲンランプだったりちょっと違う)
ABA-RM5M1
全長× 全幅× 全高 mm    4,105 × 1,750 × 1,435
ホイールベース mm    2,600
トレッド(前/ 後) mm    1,505/1,500
車両重量 kg    1,290
定員    5人
エンジン型式    M5M
エンジンタイプ    ターボチャージャー付 筒内直接噴射 直列4 気筒DOHC 16 バルブ
総排気量 L    1.618
内径× 行程 mm    79.7 × 81.1
燃料供給装置    電子制御式マルチポイントインジェクション
最高出力 kW(ps)/rpm(EEC)    162(220)/6,050
最大トルク N・m(kgm)/rpm(EEC)    260(26.5)/2,000
使用燃料/ 燃料タンク容量 L    無鉛プレミアムガソリン/45
駆動方式    前輪駆動(FF)
トランスミッション    6 速 EDC( エフィシエント デュアル クラッチ)


目をつけたのがこのRSトロフィー。メガーヌのRSは既にカタログラインナップに無く、限定発売のファイナルエディションとなり、時期モデル待ちの状態です。さて今回も「いきなりアポ!」で電話突撃!・・・あれ?何度コールしても電話に出ない?・・・ん?・・でも今日は営業しているはずだよなあ・・・っといった感じで何度も電話してやっと電話に出てくれたのですが、「はい、ルノー◯◯です・・⤵」やる気のなさそうな声・・・「こんにちは。突然お電話して不躾なお願いですが、そちらにルーテシアのトロフィ試乗車があるとのことなので、乗せていただけませんか?」「あールーテシア?は?(チッ面倒くせえ)ああ、確認しますので少しお待ちください」しばらく待って「あーはい。乗れますよ」「じゃあ一時間後くらいに伺いますね」「あーはい(チッ面倒くせえ)そうですか」「では私の名は」「ガチャッ」っという具合で、営業さんもなかなかおフランスな態度(フランス人さんごめんなさい)でした。そしてディーラー到着。ゆっくりと敷地に入って車を停めると、ショールーム入り口がどこかわからない。奥にサービスピットがあって誰かいるようでしたが誰も出てこない。キョロキョロ探してどうやらショールームは二階にあるようなので二階に上がり、店内に入ると受付にこれまた生気の無い顔をした受付のお姉さんが「は?誰?」という表情をしていたので「あの、一時間くらい前にお電話させていただいていた者なのですが」と話しかけると奥からやる気のなさそうなヒョロっとした営業さんが出てきて「あー、じゃあ下に降りましょうか(チッ面倒くせえ)名刺も渡さずズカズカと先に一階に降りて行ったので「なるほど。これがフランス流のおもてなしなのか」(フランス人さんごめんなさい)と思いながらルーテシアの場所まで案内されました。まあ、試乗乞食の私がエラそうに言えた義理じゃないですがここまでの対応に正直イラッときていました。しかし!ルーテシアの実車を見たらそんな気分は一気に吹き飛びました。 「なんてオシャレなデザインだ!」丸みを帯びた流線型のシルエットに、大きな目(ヘッドライトハウジング)がフロントフードのライン沿いにカットされてスポーティな雰囲気を醸しつつもかわいらしさとカッコよさを両立させた強烈にインパクトのある外観だけでも所有欲を満たされるであろうデザインには脱帽しました。そして中に乗り込むとスポーツグレードらしい赤のラインを散りばめた硬派なインテリア、そしてエアコンの吹出口がハニカム構造でこれもオシャレ!というわけでシートやミラー、ハンドルの位置を合わせていざ発進!(あれ?よく考えたらこの営業さん誓約書はおろか免許証確認すらしていないぞ!?まあいいか。)やはりこいつも乾式デュアルクラッチATの宿命であるバタバタ挙動はありました。適度にエンジン音が車内に入ってくるのもわざとだそうです。こいつのウインカーリレーの音もオシャレでした。足回りは見た目のオシャレさとは違ってスポーツグレードらしいというか欧州車共通のやや固めで路面をコトンコトンを拾うような感じで、これは想像通りでした。動力性能は上に記載してある通り。今回は街中どころかやや都会の渋滞参加型試乗だったのでこれ以上何も感想は書けないです。そういうわけで今回は「ルーテシアのデザインは素晴らしかった」という感想。以上!
※このルーテシアも日本向けモデルでMTの輸入は完全廃止だそうです。日本の正規ディーラーでルノーのMTを乗りたけれはトゥインゴGTか、時期メガーヌRSを待つしか無いそうです。
ルーテシア

















Twitter プロフィール
DC5インテR以上に愛せる車がこれからの人生で出て来るのだろうか?もし出て来るとしたらインテグラの名前でタイプRを復活させたときである。現在のパートナーはPolo GTI(com挟んで237馬力、40.2kgのエコカー仕様)。さすが欧州車最高!と褒めたいけどクラッチとフットレストのクリアランスが狭くてストレスになる。
カー用品
最新記事