エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

インテR

PoloGTI(ちょっとボディ補強後)の山岳地帯走行実力テスト!といいたいけどインテR思い出日記です。5





大阪市街地→高野山→十津川→熊野本宮→那智→新宮→白浜→龍神→高野山→大阪市街地
と、奈良を含む主に和歌山県内の山岳地帯を走ってみました。 山岳地帯だけに、上りあり下りもあり、クネクネした曲がりも無数にあり、さらにはおにぎり印を掲げた国道でありながら実際は酷道である区間と、路面状況も快適な舗装路から落石ありのデコボコした路面、グラベルターマック複合区間と、酷道はまるでラリーのような状況で、ナビ(コ・ドライバー)は居ないのでカーナビの画像を頼りに道路の線形を予測しながら我がパートナーの6RDAJ(2017年式Polo GTI)で述べ14時間におよぶディープな走行テスト兼、宛てのないぶらり旅をしてみました。

IMG_2274





















なぜ酷道を含む山岳地帯を走行テストしたのか?そう、それは以前取り付けたロアプレートによりどれだけ車体のうねりが改善されているのか?とそのあとに取り付けたロアアームバーによりどれだけステアフィールが改善されたのか?という体感をしっかりとテストしてみたかったのです。


 といっても比較対象は以前のパートナーLADC5(2001年式インテグラタイプR)と較べてどんな感じなのかということであり、実際にタイムを測ったとかその場に2台用意してリアルタイムに乗り較べたわけではなく、記憶に基づく比較となるわけですが2017年の夏まで16年近く、20万キロオーバー乗っていたインテなので感覚は身体に染み付いたままと言って差し支えはないと言えます。

もちろん、上記の殆ど全てのルートはインテRでも通ったことがあり、(ちょっと強度を上げた)Polo GTIとどのような差があって、新しいパートナーの魅力を見出してこれから付き合っていくのか、そんなことを確かめるようなドライブでした。 まず、山岳地帯である以上はワインディングロードとなるため、曲がる性能も大いに比較対象となります。当たり前ながら走る、曲がる、止まるにおいて「曲がる」の部分はタイヤの性能が大きく左右します。

タイヤ性能に差があればアンフェアと言えますが、幸いにもインテで履いていたタイヤもPoloのタイヤもBRIDGESTONEのPOTENZA S001です。サイズはインテが215/45R17で、Poloが215/40R17なのでほぼ同じというか、無視していいレベルの違いなのですが、Poloの方は新車時装着の純正なので市販品より品質の劣る「名ばかりのPOTENZA S001」ですが、別にサーキット場でコンマ1秒を争うような走り方ではなく、爽快ドライブ+α(ここの部分にはあまりツッコミを入れないように!)なのでこれも目を瞑っていいレベルの差です。(後述しますが純正タイヤは市販品より劣ることをチラホラ体感します)

特に爽快に走れた区間は国道371号線の高野龍神街道区間。ごまさんスカイタワーを経由する「酷道」ではない方の区間です。こちらは龍神方面からごまさんスカイタワーまで駆け上がり、ごまさんスカイタワーが標高が一番高いのでここからアップダウンを繰り返しながら高野町方面へ向かいます。路面状態も良好で、一般的な「峠道」をスーパーロングにしたようなものです。

IMG_2269





















ここを走った日は平日であったため、対向車はちらほらあったものの、ほぼ他の車に出逢うことなく自分のペースで走り抜けることができたので本当にノーストレスでした。 ロアアームバーを付けた効果は? この車種には純正およびサードパーティ製のタワーバーが用意されていないため、サードパーティ製の中からロアアームバーを見つけ出し、装着しています。エンジンルームの中ではなく、ロアアーム同士を繋いでよりダイレクトな強化となるため、おそらくタワーバーよりもダイレクトな剛性UP感が感じ取れるはずです。

ここでひとつ後悔したのが、PoloGTIがまったく補強無しのノーマル状態での山岳走行テストをほぼやっていないため、「ノーマルと補強後」の体感違いがわからないのでノーマルの状態でもある程度山岳を走って感覚を身体に覚えさせていた方が良かったなと・・・なので以下PoloGTIの感想あれやこれやは補強後を基準としたものです。

IMG_2273




















これからDC5インテRと6RDAJPoloGTIの体感差を述べますが、あくまでも公道を普通に走るという範囲内であって、危険運転・暴走運転の類とは違うことを充分にご理解いただいた上で内容解釈をしてください。

まず、先にDC5インテRとの山岳走行の違いを述べると、「上りはPoloGTIの方が速く、下りはインテRの方が速い」という結論に至ります。まだPoloGTIに乗り慣れないうちは「上りも下りもインテRの方が速い」でしたが、ターボラグの出るかったるい回転域を無意識にパスできるブリッピングの踏み込み具合を見つけると、できるだけターボラグのかったるさを抑えることができます。そして、1500回転から4500回転までリニアに最大トルク320ニュートンを発生させ続けるので上りであってもシートに押しつけられるような加速をしてくれます。タイヤのグリップが加速に負けるため、少しばかり気を遣う必要があります。おそらく純正装着タイヤの品質が正規市販品と同じ型番のものより劣ることも起因のひとつと考えられます。また、馬力も公称値はインテRが220馬力でPoloGTIが192馬力ですが、実測では「NAが一割落ち、ターボが一割増し」となる法則に則ると丸々逆転してしまいます。それではトルクだけでPoloGTIはインテRの1.5倍もあるため、パワー勝負ではPoloGTIの圧勝となります。

しかしながら、インテRのギヤ比はラリーカーもびっくりのスーパークロスであり、しかもタイプR用に専用チューニングされたK20AというNAエンジンは数値で計れない下の回転からものすごいパワフルなトルクを発生するので、セカンドの立ち上がりの鋭さはターボ車を凌駕します。なので例え上りであってもクネクネしたジムカーナのような低速コーナーが延々と続くようなところではインテRは殆どのターボ車を相手にしても無双します。でも、山岳道路はそんな都合良く低速コーナーが延々と続くわけでもなく、いろいろな線形が無数に続くため、やはり総合的にはパワーで勝る車に較べ分が悪くなります。

まさにそれがインテRとPoloGTIを比較して「上りはPoloGTIの方が速く、下りはインテRの方が速い」という結論なのです。

では「下りはインテRの方が速い」とはどういうことか?これはもう言わずもがな。いくらPoloGTIが一流のハンドリングの味付けに持ってきていても、「GTカー」と「レーシングカーレプリカ」では超えられない壁があります。PoloGTIはトラクションコントロールを入れたまま走っていても、車が「介入」してきていることをドライバーに感じさせない配慮をしているせいか、まるで自分の運転が上手くなったように錯覚してしまいます。低速ではフニャフニャの電動パワステもスピードが乗っているとしっかりずっしりしてくれて、オーバーステアにもアンダーステアにもならないようにしなやかに曲がってくれるし、わざとオーバースピード気味で突っ込んでも何事も無かったように車が「介入」してクリアしてくれる印象です。

それに対し、インテRは油圧パワステに機械式デフと、ドライバーの自己責任で好きなようにしなさいと言わんばかりの「裸の美学」があり、ステアを切りすぎるとヒヤッとするようなオーバーステアが発生したり、たまに前輪の接地感がフッと消えたような感触になったときこそ究極のニュートラルステア状態になっている状態であり、かと思えば自分の意志で舵角調整をしてアンダー状態をつくることもできる、本当に車と意思疎通できる悦びがあり、これもまた別の意味で自分の運転が上手くなったと錯覚させるものを感じるのです。出た当初は「世界最速のFF車」であった名の通り、PoloGTIはコーナリング性能はインテRに敵わず「下りはインテRの方が速い」という当たり前の結論です。

今回はいつにも増してタイトルとかけ離れた支離滅裂な駄文でしたが、我が人生最高のパートナーであったインテRの感触と温もりを忘れないうちに備忘録として記しておきました。

IMG_2276


















酷道区間は単純に5ナンバー車が走りやすいよね!

愛車DC5インテRの引取先は・・・

本日、盗難から帰って来てディーラーへ預けていたDC5インテRの引取先が決まりました。買い取り大手のBIGMORTER神戸北店です。以前書いた通り、帰って来たDC5は外装が左ドアミラー破損、フロントバンパー破損、左フェンダー破損、左ドア凹み、左右両側の鍵穴か抉られて破損、そして内装はイグニッション回り全て破壊。(ああ、これを書いているだけでも心臓がバクバクするほど酷い)と、しかも走行距離も18万キロ走っているので手放すにあたり、修理するよりパーツ取りのジャンク品として数万円の二束三文にしかならないと思っていたのですが、なんと、BIGMORTER神戸北店さんは「え?そんなに値段つくのですか?」という買い取り値を提示してくださり、即決しました。しかも、BIGMORTER神戸北店さんは「我々のコネクションの協力業者で修理して再び乗れる中古車として売る」という前提で買い取ってくださったのです。・・・ということは、また次のオーナーさんの手に渡り、どこかで再び走ってくれるということになるのです!じゃあ、もしこの18万キロ選手のインテRさんが破損していない状態であったらけっこう凄い買値がついていたことになります。そもそも盗まれて破壊・破損されていなければ誰にも売らず乗りつぶしていたけどね。今回手放すことにしたのは、何十万とかけて修理して乗り続ける選択をした場合、また盗まれるリスクがあったのです。実は、前から何度か年に一回のペースで盗難未遂の痕跡があり、きっと犯人はそれぞれ別々と思われるのでそれだけ狙われやすい車であり、今回は大きな音がなるセキュリティ装置もお構いなしに盗まれたので、もうイモビライザーでも付いている今時の車でないと危ないなと考えたからです。前回書いた通り、シビックハッチバックにしましたけどね。で、DC5インテRは前にシフトノブをカーボンノブに替えていたため、純正のノブは手元にあります。シビックハッチバックと同じシフトパターンなので径さえ合えばこいつを移植しようかと考えています。前回書いた通り、今回はタイプRを見送りましたが、「インテグラ」の名前でタイプRが復活したら必ず買うことを誓います!例えタイヤが22インチくらいになっても!
IMG_0636

新しいパートナーは、シビックになります。

ホンダがシビックを発表しました。引退するDC5インテRの次のパートナーはハッチバックの6MTとなります。せっかくならハッチバックベースのタイプRにしたいろころでしたが、もはやシビックタイプRのコンセプトはその辺のサーキットFF無双ではなく、ニュルブルクリンクオールドコースでFF無双を目指すというコンセプトになっており、ニュルブルクリンクオールドコースといういろいろな要素を兼ね備えた過酷な条件でFF世界最速の座をメガーヌに譲るわけには行かないぜ!ということで熱い魂は昔となんら変わっていません。FFで320馬力ですよ!もう一度言いますが、FFで320馬力!
私がDC5を買ったとき、FFの限界は200馬力がいっぱいいっぱいで、カタログ馬力220馬力であったDC5インテRですらもはやFFも究極のところまで上り詰めたと言われておりました。で、FFではオーバースペックと言われる220馬力を誇ったDC5インテRですが、実際に走らせてみると信じられないような旋回能力、機械式デフの影響でステアリング操作を誤ったらヘタすりゃオーバーステアでスピンしそうな回頭性能、K20Aの下から上まで延々とトルクの湧き出る反則パワフルエンジンのパワーと旋回を前のタイヤ2本だけでよくまあここまで受け止められたものだという凄まじい走りを見せてくれました。サーキットでもタイムアタックならS2000に平均して勝っていたくらいのお化けマシン、それがDC5インテRだったのですが、なんと今のシビックタイプRはFFで320馬力!(ちょっとくどいかなw)
そう、それを可能にしているのはまずタイヤそのものの進化と、245/30ZR20というヤンキーセルシオもびっくりのタイヤによるものが一番大きな理由であると考えられます。ただし、このセッティングはニュルブルクリンクオールドコースで天下を取るためだけの仕様である可能性が高く、案外普通のサーキットならより軽量な17~18インチの方がタイムを出せるかも知れません。 しかし!DC5インテRが当時の仕様としては「FF車にこんな仕様はオーバースペック!」と言われていたのにも関わらず、そんな常識を覆すぶっ飛んだレーシンカーレプリカとして後世に名を残してくれました。たぶん、今回のシビックタイプRも「FFに320馬力はオーバースペック!」という下馬評を覆す、乗りやすくかつ鬼のように速く抜群の旋回性能を持つタイプRの正統進化バージョンとなっているのでしょう。むしろ、これくらい尖っていないとタイプRを名乗って欲しくないほどです。今回私がタイプRを見送ってハッチバックの6MTとしたのは、いくつかの理由があります。本当はタイプRにしたかった!でも、納車まで長期格安レンタカーで過ごす身としては納期が来年の春以降となるのでそれまでレンタカー代が嵩むのでオンボロ軽を買って乗るという手段もありますが任意保険云々を鑑みてレンタカーの方が安心なのでレンタカーを使うが、それならそんなに長く待つとなると納車までオンボロ軽+任意保険との損益分岐点が読みにくく、さらに20インチタイヤは今後の維持費用として重くのしかかること、そしてもう公道でしか乗らないので超高性能を持て余すのでハッチバックの6MTにしておきました。それでも納期は最悪来年の2月らしいのですが、いくらなんでもそこまで遅くはならないでしょう。
実は、他のメーカーでも見積もりを取っていて、どこの営業さんも「レンタカー生活は勿体ないのでメーカー本社のケツを叩いて一日でも早く納車できるようにします」とありがたいことを言ってくださったのですが、長年付き合いのあるディーラーから買うのが安心であることと、せっかくシビックの名前が復活し、しかもハッチバックは輸入車扱いになるというレア加減からシビックハッチバックにしました。でも、いくらホンダセンシングだとかダウンサイジングターボだとか並べられてもDC5タイプRのエンブレムには敵わないです。ただ、いくら言っても覆水盆に返らず。DC5タイプRの思い出とともに次の車が納車されることを待ちます。半年ちかくは長いなあ・・・
もし、盗難から帰ってきたDC5の修理費用が25万円以内ならそれを直して乗りながらシビックタイプR の納車を待っていたかも知れません。そして20インチタイヤでスーパーにお買い物というシュールな日常生活を送っていたかも知れません。いや、そうしてみたかった・・・

※後日、Polo GTIに変更しました。

大変惜しまれますが、インテRは手放すこととなりました。ウッ(T-T)

盗難に遭った愛車が無事にディーラーへ到着しましたが、まず外装が左ドアミラー破損、フロントバンパー破損、左フェンダー破損、左ドア凹み、左右両側の鍵穴か抉られて破損、そして内装はイグニッション回り全て破壊。これらを全部修理するには、たとえ中古やリビルト品をかき集めてもかなりの金額になってしまいます。そして、ナンバーも換えざるを得ません。さすがにシャシーの歪みまではあり得ないとは思いますが、これらを全て修理して乗り続けたとしても、前回書いた通り、純正パーツの生産を打ち切っているため純正が無ければサードパーティー製となりますがこれもいつまで供給が続くか読めません。よって、今回の盗難被害を機に手放す決断をしました。一応オークションに出せばパーツ取り車として値が付くようなので、たとえバラバラになっても誰かのDC5の一部分となって走り続けてくれるのであればそれで気持ちは多少晴れます。ひょっとしたら誰かがこれを直してそのまま乗ってくれるような可能性もゼロでは無いのです。一応私のみのワンオーナー車なので、次のオーナーさんのところで元気に走ってくれることを一番に祈ります。
はっきり言って悔しいし悲しいです。でも、いつかは別れのときが来るのかなとぼんやりと意識しはじめていたのも事実なのです。それがこんな形での別れになってしまい、とても複雑な気持ちですが、盗難に遭ったとはいえ最後の最後にまた私に遇うためにこんな姿になってでも帰ってきてくれたのだと思っています。今まで15年間ありがとう、我が人生最高のパートナーDC5インテR。
IMG_0215IMG_0285IMG_0329IMG_0366







































DC5 インテグラタイプR 近況日記


いよいよ自動車税の季節がやって参りましたね。私のDC5インテRも本来は自動車税は39500円なのですが、登録以来16年選手なので15%重加算で46400円ほど納付してきましたよ。あのね、これってちょっとおかしく無いですか?新車1台買う方がよほど環境負荷がかかっているはずです。古い車を大事に乗っている方が環境負荷的には優しいはずだし、それを維持する為にもう一台新車買えるくらいお金を使っているので経済貢献も充分やっているはずなのです。まあ、あそれはさておき3月に車検を受けた際、15年以上付き合いのあるディーラーが私のカーオーディオの設定を全部吹っ飛ばしてしまい、音像定位のために色々とマニアックな調整が必要な設定をやり直したばかりのところに、エアコンが全然効かないというトラブルが起きました。しかし、ホンダカーズ兵庫の神対応のお陰で無事に直りました。なんと、GWの渋滞の中わざわざ取りに来てくれた上に、エアコンを制御するリレー部分(パーツの値段的には安いですが)を交換し、また持って来てくれて全て無料対応でした。理由としては最近受けたばかりの車検で色々パーツ交換したり点検パック加入したりで、かなり高額な車検を受けたにも関わらずカーオーディオの設定を吹っ飛ばしたり、その舌の根も乾かぬうちにエアコン不具合を点検時に発見できていなかった稚拙さをお詫びしたいとのことでした。何せ、16年以上も付き合いがあってこんなポカをやってくれたのは初めてだったので、せめてもの誠意を示したいとのことでした。私としては部品と工賃というサービスに対し、対価を支払うべきであると言いましたが、私自身、このために休日を潰されてしまっていたことと、ディーラー自身、メンツを守るために無料対応させて欲しいというお気持ちを汲んでお言葉に甘えました。でも今後も気持ちよくディーラーさんと付き合って行きたいですね!

Twitter プロフィール
DC5インテR以上に愛せる車がこれからの人生で出て来るのだろうか?もし出て来るとしたらインテグラの名前でタイプRを復活させたときである。現在のパートナーはPolo GTI(com挟んで237馬力、40.2kgのエコカー仕様)。さすが欧州車最高!と褒めたいけどクラッチとフットレストのクリアランスが狭くてストレスになる。
カー用品
最新記事