エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

ニュース

仮想通貨とはどういうものか?そもそも仮想通貨って何?え?通貨って?

※今回は仮想通貨について考察しますが、現代定義の「仮想通貨」と広義の仮想通貨をごっちゃまぜにしてしまうので、最早書いている本人も何を言いたいのかわからなくなるというまさに三流ブログのお手本のような内容です。

仮想通貨の代表格といえるビットコインをはじめ、今はどこもかしこも仮想通貨仮想通貨って騒いでいますが、そもそも仮想通貨ってなんぞや?仮想通貨の定義は?ということを考えてみます。はじめに断りを入れておきますが、ビットコイン等現代で使われている仮想通貨に対する最新の解釈の定義ではなく、そもそも仮想通貨とはどういうものなのか、少し時代を遡って考察してみるお話です。まず、仮想通貨って、ほぼ全ての人が人生の中で見たり触れたりあったはずです。ボードゲームである人生ゲームの札束に麻雀の点棒。あれは立派な仮想通貨ですね。少なくともそのゲームの中では通貨として成り立ち、ゲームに参加している人はそれを「信用」して取引しています。麻雀の場合は単なる記号とも言えますが。そして、ゲームはゲームでもコンピューターゲーム、わかりやすく絞るとRPGに出て来る通貨、あれも仮想通貨ですね。さて、これが仮想通貨が現実世界と混じり合う原始と言えます。ここから誰もが概念的に体感した仮想通貨の歴史が始まると言えるでしょう。
昔ながらのRPGゲーム、基本的に敵キャラであるモンスターを倒すとゲーム内の通貨を得ることができます。シンプルにモンスターを倒すという作業(労働)の対価で得られた「給料」のようなもので、そのお金で宿に泊まったりもっと強い武器や便利な道具を買ったりして、さらに手強い相手からもっと多くのお金を得ることができます。そのRPGの中ではその通貨が「信用」されているからです。で、ネットゲームになるとこれが横に広がって今までオフラインでCPU相手にしか使えなかった仮想通貨が世界中のプレイヤー同士で通貨として流通します。そのオンラインゲームの世界ではそれが「信用通貨」だからです。そのオンラインゲームの仮想世界で何かアイテムが欲しいとき、その中の仮想通貨で購入するか、何かの条件を満たさないと手に入らないレアアイテムは一部の「ネトゲ廃人」か上級者にしか手に入らなく、一般のプレイヤーだってそんなレアアイテムを手に入れたいよ!っということになりました。そこでRMT(リアルトレーディングマネー)問題が浮き彫りになりました。これはオンラインゲーム内のレアアイテムや仮想通貨を本物のお金(リアルマネー)でその所有者から買ってしまえ!ということです。先述の通り、レアアイテムやゲーム内通貨はそのゲームに膨大な時間を費やした人にしか手に入らないので、普段仕事や学校に行っている一般人にはそんなことやっていられない。でもレアアイテムが欲しい!逆にオンラインゲームに膨大な時間を費やしている人は有り余るゲーム内通貨や、たくさん持っているレアアイテムをリアルマネーで買ってくれる相手がいたら、これ幸いと現実世界のリアルマネーで取引をし出すようになり、これは社会問題にもなりました。まずは運営会社のポリシーに反する行為であること、そして金銭のやりとりで詐欺まがいや恐喝等のトラブルも発生するようになり、具体的な法整備をしなければいけないと騒がれました。運営会社のポリシーや詐欺恐喝はともかく、需要と供給が成り立っていたわけなので、ゲーム内通貨やレアアイテム、ときには成長させたキャラクターそのものが現実世界のお金と交換できる価値があったということになるので、まさにそれら仮想のものを「信用」していたと言う点ではビットコインをはじめとする現代の「仮想通貨」の走りであったと言えます。 一度仮想通貨から話を切り離してみます。そもそもお金って何?という話に戻ってみます。我々が普段つかっている通貨、日本でいえば「円」です。これは少なくとも日本国内ではどこに持ち込んでも相手の示す「円」の金額を用意すれば(反社会的なものを含め)どんなものとも交換できます。皆が皆そのお金を信用しているからなのです。その信用を保障しているのが日本政府であり、「円」は日本政府が「マネー」(お金)として保障しているからこそ皆安心して「円」であらゆる取引ができます。いわゆる「不換紙幣」というもので、※明治の昔は金本位制といってその紙幣は金(ゴールド)と交換できることにより「信用」を得る兌換紙幣でしたよね。そして、皆が貯金している銀行の全ての親玉は日本銀行であり、日本円を発行できるのは日本銀行と政府のみです。なのでやたらお金を発行してもインフレだのデフレだのという話になるのでキリが無くここでは割愛します。アメリカではドル、EUではユーロだとかEU加盟国でも自国通貨があったりだとかしますが、とにかくリアルのお金とは政府が「信用」を保障しているわけですよね。そして、各国同士のお金同士で売買が発生するので、これのバランスが円高だとか円安と言われるアレです。
また仮想通貨の話に戻りますが、現代定義の仮想通貨とはそれら政府が介入しない、民間人同士だけで「信用」してやりとりしている通貨であり、たとえばビットコインならそれに100万円の値打ちがあると信用している人同士で取引すればそれはもう「仮想」であっても「通貨」なのです。ではビットコインをはじめとする現代定義の「仮想通貨」はどこから生まれたのか?という話はここでは割愛しますが、ネット上の仮想通貨も無尽蔵に掘り出されるわけではなく、そのうち枯渇するような仕組みになっているからこそ「信用」がついているわけですね。これのトレードで得た利益はいまのところ多分全部雑所得扱いになると思われるので、少なくとも数倍になるまでは手放すと損しそうなのですが、そこのところはよくわからないのでここでは書けません。
随分と話がとっちらかってしまいましたが、仮想通貨というのはこれからもっと一般的になっていきますが、現在はその過渡期なのでうまくいけば億万長者になれる可能性だってあります。完全に一般的になる頃には法整備が為されて旨味は完全に無くなってしまうと思われます。だって、仮想通貨なんだから・・
※今回の記述内容のあらゆる語弊は個人的見解に過ぎないため、読んだ方がどのような解釈をされようとも一切の責任を負えないので悪しからず・・・
※電子マネーは仮想通貨では無いのか?という考えもありますが、あれはリアルマネーを電子化しているだけです。
※しつこいようですが、私は現代定義の仮想通貨についてほぼ無知側の人間です。

※見出し画像はフリー素材です。


インターネット投票は可能なのか?

インターネット投票は可能なのか?
選挙においてインターネット投票は可能かどうか、賛否両論がありますがここは持論を展開します。まず、インターネット投票自体に何の問題も無いかと。現状、投票用紙は自宅に送られて来て、その投票用紙を持って投票所へ行けば、ロクに本人確認も行わず投票用紙が渡されるため、よほど年齢が違うか、性別が違わない限りは別人が投票してもわからない状態です。これはこれでかなり問題があるわけですが、現状のアナログな投票方式でさえこんなザルな状態なわけなので、投票用紙さえ本人の自宅に届いていればいいという条件を満たしていれば、投票用紙にマイナンバーカードと紐付けた暗証番号を割り振って、QRコードやブラウザからURL直打ちで投票用の暗号化されたセキュリティの高い選管のウェブサーバーへ繋いでマイナンバーと投票用紙の暗証番号を打ち込めば投票できるようにすれば何の問題も無いかと思います。心配なのはマイナンバーだとその人の投票先が知られることですが、誰に、どの政党に投票したかはさらに暗号化すれば最早選管のハッカークラスの人にも分かりません。また、今はマイナンバーカードさえあればコンビニのコピー機のカードリーダーで照合して暗証番号を打ち込めば印鑑証明や住民票も発行できるため、コンビニ投票すら可能では無いでしょうか?よく、インターネット投票はクラッカーにハッキングされたら危険だとかサイバー攻撃を受けたらどうなのだとかいう声が上がりますが、一般的に役所のサーバーなんて毎日山のようにものすごいサイバー攻撃を受けているので、そういう意味ではさして心配はありません。むしろ従来のアナログな投票よりマイナンバーカードに紐付けた方が不正投票がやりにくいし、安全で手軽に投票できるならば投票率が上がることも見込めるし、まずはどこかの自治体で試験的にやってみてもいいかと思われます。こういうことに断固反対するような人達は、投票率が上がったら困る人達や、選挙に関心の無さそうな集合住宅から投票用紙を盗んでなりすまし投票をしている一部の政党・その支持者だけじゃないでしょうか?前回のブログでは若者の投票率を上げたい話をしましたが、インターネット投票によって若者だけでなく全体の投票率が上がるのであれば積極的に導入すればいいと思います。ただし、従来の投票方式は絶対に廃止できないので、過度期はかなり費用がかかりそうで、それが一番大きなハードルになりそうですね・・。
※画像は適当に拾ってきたフリー素材です。
index










どうすれば選挙の投票率を100%にできるのか?

さて、先の選挙でいわゆる民意が選挙結果に反映されました。衆院選挙で18歳投票は今回が初めてでもありました。さて、選挙結果や特定の政党、政治理念や思想はともかく、今回の選挙の投票率は53.6%と、台風を考慮してもとても低い水準でした。選挙に行かない人は行かない自由を行使しただけなのでそれについて文句はありませんが、その代わり重税を課されようがどうなろうが一切文句を言ってはなりません。って、それもさておき、どうすれば投票率を100%にできるのか?と考察してみます。先に結論を出すと100%にするのは100%無理です・・・はい終わり!で終わるのもアレなのでもう少し考えてみます。なぜ100%が無理かというと、戸籍上だけ生きている人にも投票用紙が配られるからです。はい、これで無理ですね。戸籍上生きていることになっている人がたくさん居る理由はいろいろあります。次に、海外住みの人。海外住みでも投票できますが、 在外選挙人証が必要で、まずはこれを取得する申請からはじめなければならず、在外選挙人証を取得してもいろいろ面倒なことをしてやっと投票できるため、極めて選挙に関心があり、何が何でも全ての選挙に投票するのだ!という使命を感じている人以外は心が折れて、海外在住の間は投票を諦める人が多いです。それでも投票して欲しいですが。あと、身体が不自由でおいそれと選挙に出かけられない人。これは自治体によってサポートが手厚かったりそうでなかったり。このように、選挙に行きたくてもハードルが高い人や、この世に存在しない人を考えると100%は不可能なのです。では、普通に選挙に行けるくせに正当な理由無く行かない人に何らかのペナルティを与えるという案がたまに出ますが、既に選挙に行かないだけで「どうなっても文句は言いません。好きにしてください」という意思表示で自分で自分に罰を与えているようなものなので、放っておけば良いのですが、ただ、若い人には絶対に投票に行って欲しい!誰に入れていいかわからなかったら白紙投票でいい。なぜなら、誰が誰に投票したのかはもちろんわからないシステムですが、「誰が」ちゃんと投票に行ったのかはきっちりと記録、統計されており、政治家は投票率の高い層に顔を向けて政治をします。今は高年層の投票率が高いため、若者は蔑ろにされ、ますます少子高齢化が進むなかで若者がまともに生活すらできない世の中になってしまうのです。だから、若者ほど投票率を限りなく100%に近く選挙に参加して欲しいのです。そう言う私は若者ではありませんが、次の世代の若者へ託していかなければならない中、今の若者世代には一人一人しっかりと自立した盤石の生活基盤を築いてもらわないと、もう日本国民全員共倒れとなります。せっかく選挙権が18歳に引き下げられたので、若者はとにかく選挙に参加しろ!年寄りは放っておいても投票に行きます。なぜなら、年寄りはまだまだ甘い汁を吸いたいからなのです。表題から話が逸れまくりましたが、これが本題でした。そしてこの話は決して大袈裟ではありません。インターネット投票についてはまたの機会に。

シビックやめてPolo GTIにしちゃったのですが。

急ですが、先日決めた次のパートナー、シビックやめました。何故かと言うと、Polo GTIに試乗したら一発で惚れてしまったからです。Polo GTIはドイツ本国ではフルモデルチェンジされており、日本では在庫分のみ販売し、フルモデルチェンジされたものが正規反映されるのは来年の春くらいになるようです。なのでまずは営業さんがモデル末期であることを最初に強調されました。でも、フルモデルチェンジされたものは3ナンバーへ順当にデブ化され、パワーも少し上がるも重量もデブ化されているのでまったく魅力を感じません。シビックは横幅1800mmとCセグにしても問答無用のデブですが実用性や居住性とバランスが取れていてデブであることは気になりませんでした。 で、Polo GTIの話に戻ると、こいつは5ナンバーサイズで1240kg、1.8リッター直噴ターボで6MTモデルはトルクが32.6kg(試乗車のDSGは25.5kg)というミニモンスターで、足回りも素晴らしく乗り心地はいかにもドイツ車弩・ストライクで、試乗の際に「好きなだけ乗って来てください」と言われたので空気を読まずに本当に六甲山系のとある峠道を存分に試しました。試乗車がDSGなのでトルクは25.5kgしか無い!?方だったので私が買った6MTの32.6kgはどれだけ暴力的な加速力があるのだろうと胸が躍りました。ただし、DSGはオートマといえど乾式クラッチでミッション構造はMTと同じで、コンピューターが適切なタイミングでほぼロス無くシフトチェンジしてくれるのでトルク7.1kgの差は実質縮むかと思います。ただ、最大出力・トルクの回転数レンジがMTの方が広いので縮まった差がまた少し広がるかも・・・と、悶々としますがそこは6MTが納車されるまでのお楽しみ。でもブレーキの踏み味が少し気に入りません。もうずっとブレンボの踏み味に慣れきっているのでブレンボの踏んだら「踏んだ分だけ」効くあのストレートな感じはブレンボか同等の社外品に替えない限り取り戻せません。慣れるしかないですね。で、純正ナビをはじめあれやこれやオプション付けたらシビックに較べ目ン玉が飛び出るほど値段が張ったのですが、モデル末期ということもありここでは書けないほど値引きしてくれたのと、それでも予算オーバーですがシビックの場合来年の1~2月納期なのでそれまでマンスリーレンタカー代がかかるのが馬鹿らしいのでIYHでPolo GTIを買いました。ホンダカーズさん、長年の付き合いを裏切ってすみません。一回だけVWに浮気します。でもタイプRがインテグラの名前で復活したら絶対に戻ります。私の車遍歴はレガシィB4を2台、そしてインテR、(親父がベンツの260Eを所有していたのでドイツ車の味も少し知っています)これからのPolo GTIですが、それでも人生の中でインテRを超える車はインテRしか出ないでしょう。Polo GTIに惚れたといってもインテRほどの狂愛ではありません。だがしかしPolo GTIも非常にいい女、もとい車なのだ!
というわけでインテRは殿堂入りとして、今後はPolo GTIを愛します。
IMG_0661

やはりシビックはタイプRに心惹かれるが・・・

シビックの発表も終わり、先行予約していた人すら年内の納期が厳しいようです。シビックタイプRの購入も考えましたが(この記事執筆後にPoloGTIにしました。)やはり今でもシビックタイプRには心惹かれています。でも、タイプRにしたら納期が早くても来年春になってしまうのでレンタカー代がさらに嵩むのが痛いからであること、そして20インチタイヤの維持がツラそうであったことです。
しかし!以前宣言した通り、もし将来的にインテグラの名前が復活し、それのタイプRが出たらたとえタイヤが22インチくらいになろうとも必ず買います!


Twitter プロフィール
DC5インテR以上に愛せる車がこれからの人生で出て来るのだろうか?もし出て来るとしたらインテグラの名前でタイプRを復活させたときである。現在のパートナーはPolo GTI(com挟んで237馬力、40.2kgのエコカー仕様)。さすが欧州車最高!と褒めたいけどクラッチとフットレストのクリアランスが狭くてストレスになる。
カー用品
最新記事