エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

テクノロジー

2017年4月時点でのeo光1ギガvsフレッツ光隼

さて、以前、eo光(ケイ・オプティコム)vsフレッツ光隼(プロバイダはOCN・現在は支払いも一本化)のどちらを選ぶべきかという内容を書きました。あれから時間が経ち、今はどうなっているでしょうか?そういうわけで、速度を測って見ました。eo光は最近まで下りでも800Mbps(100MB/s)という、関西では最速クラスのスピードでしたが、どうもご近所さんがeo光を導入したのか帯域共用の都合でかなり下りの速度が落ちてしまいました。それでも上りの655Mbps驚異的なスピードなので、クラウドドライブを活用している人は全くストレスなくアップロードできるのではないでしょうか?一方、NTT軍団は下り上りとバランスが良く、安定しています。しかし注意が必要なのは、元のインフラ回線に加えプロバイダ側の割り当て帯域の増強工事が常に必要なので、そこはインフラとプロバイダが完全一本化しているeo光にまだまだ分があるのではないでしょうか?しかし、泣き所はeo光よりNTT軍団の方がカバー範囲がまだまだ広いことですね。もしまだご自宅にeo光の回線が到達していても末端は品質が劣るのでバリバリのインフラ提供エリアであればeo光、そうでなければNTT軍団のフレッツが無難と言えます。あくまでもこの文章はどこの関西内どこの地域すべてに当てはまるわけではありませんが、関西で一番人口が集中している阪神間に住まわれている方の参考になればと思います。

eo光のスピードテスト
43








フレッツ光隼withOCNのスピードテスト
18











ハイブリッドカーについて思うこと

最近車検を受けました。代車はフィットハイブリッドで、ハイブリッド車が代車になること自体初めてではないのですが、今回のフィットハイブリッドは生充電、エンジンやバッテリーからの動力供給等が一目でわかるモニターがついており、最近のハイブリッド車にはほとんどこのようなモニターがあるのでは無いでしょうか?アクセルを離すと回生充電、モーターだけの動力、エンジンだけの動力、そして両方使って一気に加速等、状態が目で見えるのでとても面白かったです。そこで思ったことは、ハイブリッド車は動力供給用バッテリーの容量が大きければいいものではなく、また満充電にしておいても無駄なので回生充電された電力は遠慮なく放出した方が効率がいいので一般的な運転の回生充電で貯められるギリギリの容量のバッテリーの方がより軽量化とスペース効率が良くなるものなんだろうなと考えせられました。いや〜しかしなまじあんなモニターがついていると運転中ずっと頭を使わなければならないのでかえって疲れるな〜という感想です。しかしですね。これで鬼のように燃費が良くなるとは思いますが、それで節約できるガソリン代でペイできるのかとはまた別の話です。
余談ですが車検でディーラーがあるミスを「やらかした」のでまた近いうちに車を持っていかなければなりません。また代車にフィットハイブリッド貸して欲しいなあ・・・

噂のDCモーター扇風機。実力は如何に?


今年はエルニーニョ現象の影響で冷夏になるだのどうだの・・・
見事に嘘でした。6月まであんなに寒かったので今年の夏は快適なんだろうと勝手に決めつけていたらとんでもない!お約束の猛暑となりました。でも、エアコンを点けると寒いし、切ると暑い!そうだ!29℃くらいに設定しておけば暑くもなく寒くも無いじゃないか?と29℃設定にしてもエアコンから冷風が出ている限り寒い。どないせいっちゅうねん!というわけで扇風機の活躍ですね。エアコンで室温を下げる時、扇風機があれば後押ししてくれる上、快適な温度まで下がったら扇風機だけで過ごせます。扇風機を買うにあたり、ホームセンターの3000円くらいのやつにしようか今話題のDCモーター扇風機にしようか、悩みました。悩みに悩んで3分。DCモーターの扇風機にしました。シャープの13000円くらいのやつをヨドバシで買いました。14600円くらいに10%のポイントなので13000円くらいといい計算です。会社で仕事をするふりをしながら会社のパソコンからヨドバシでポチったらその日の晩に届きました。ヨドバシ恐るべし。ちなみに私の会社、情報セキュリティに厳しくあらゆるサイトがアクセス規制なのですがヨドバシは普通に繋がるし買い物できます。それはそうとDCモーター扇風機届きましたよ。DCモーター扇風機って何かというと、従来のAC(交流)モーター扇風機と違ってDC(直流に整流)モーター扇風機は電気代が圧倒的に安くつきます。安くつくけど売値の差額を考えると1年中点けっぱなしにして5年ほどかかってやっと元が取れるので電気代が安くつくなんてアドバンテージゼロといえます。そう、騙されてプリウス買っちゃう人と同じですね。プリウス買ってもカローラとの差額を考えると20万キロほど乗ってやっと元が取れるのと同じです。プリウスの場合、元が取れるまでプリウスのような最悪なデザイン、最悪な乗り心地、誰もが最悪な運転マナーになってしまうという罰ゲームですが、DCモーター扇風機のアドバンテージは「風が優しい」「風力を微調整できる」ところにあります。ACモーター扇風機でも一旦壁に風を反射させると優しい風になりますが、DCモーターの場合直接優しい風が来るのでそんな面倒なことしなくてもいいです。風力の微調整ができるというのもとても便利で快適です。ACモーターは精々3段階の上、弱にしていても消費電力は強の70%くらい食っているという効率の悪さです。効率が悪いと電気は熱として逃げていくので余計無駄になります。なので、DCモーターは高効率かつ消費電力が少ないので製品寿命も長くなります。ちなみにシャープのDCモーター扇風機はシャープの必殺技プラズマクラスターが出ますが、これはいわゆるOHラジカルの活性酸素と思われます。活性酸素って確かに空気中のカビ菌とか退治してくれそうですが人体にいいものなのか??しかも、部屋干し衣類消臭とか謳ってるけどヤバくないですかシャープさん??でもDCモーター扇風機そのものには満足しています。





20150803_114918684_iOS

皆がドローンに夢中になる理由

巷を騒がせているドローン。首相官邸に不時着してテロ騒ぎになって一気に有名になりました。また、動画配信をしている少年Nがあちこちでドローンで騒ぎをおこし、まるでドローンは悪い物のようなイメージが付いています。そもそもドローンって何かというと、自律制御飛行が可能なロボット飛行機です。広義では無人偵察機もドローンの仲間ですが、ここではクアッドコプターの小型ドローンのことをドローンとさせていただきます。プログラムされた通りに飛んだり、バッテリーが無くなりそうになるとGPS情報をもとに自分で帰ってくる賢いヤツです。一昔前は考えられないようなハイテクですね。いや、厳密に言うとこういう技術は元々ありますがこんなロボットを一般庶民が入手できる価格であるというのがさすが21世紀だと思わせます。みんなドローンをどのように使っていたのかというと、空撮がメインです。昔は空撮したかったら凧にカメラをくくりつけてやるか、昔ながらのラジコンヘリに付けてデジカメをお釈迦にするのを覚悟して空撮にチャレンジしていました。ドローンの場合、ロボットなので自分で離陸して計算通りに飛んで凧やラジコンヘリより格段に安全な着陸をします。落ちることもありますが。あと、ドローンは元々飛行場近く等危険な場所は飛べないようプログラムされています。悪意の無い善良なユーザーが間違いを起こさないように。しかし、あの事件まで首相官邸の屋上は飛んではいけない場所としてプログラムされていませんでした。いずれ誰かがやるであろうこのようなテロ行為が起きてしまいました。そして、話題に乗るかのごとく動画配信する少年Nが一部彼の信者と呼ばれる視聴者(アホで卑怯な大人たち)に乗せられてあちこちでドローン騒ぎを起こしました。信じられないことに、動画配信や地方への移動、撮影機材やドローン本体の費用は視聴者達の寄付で捻出していたのです。まさに、少年自身がアホな視聴者達の「ドローン」になっていたわけです。無責任な大人達は安全な場所から少年Nを操って快楽を得ていたわけなので、ある意味彼への寄付は玩具代のようなものなのでしょう。こういう製品がこのような使われ方で有名になるのはメーカーとしては不本意に思えますが、中国のドローン製造最大手の会社は「タダで宣伝してくれてありがたい」という反応のようです。なにせ、ここ一連の事件で日本からの発注が殺到したらしいのです。危険行為に悪用されないよう法整備は必要だと思いますが、まあ一年も経ったらみんな忘れてもともと空撮が好きなマニアだけの玩具に戻っていることは間違いないでしょう。

☟写真のラジコンはドローンではありませんが、空撮するならこんなんで充分。


Twitter プロフィール
DC5インテR以上に愛せる車がこれからの人生で出て来るのだろうか?もし出て来るとしたらインテグラの名前でタイプRを復活させたときである。現在のパートナーはPolo GTI(com挟んで237馬力、40.2kgのエコカー仕様)。さすが欧州車最高!と褒めたいけどクラッチとフットレストのクリアランスが狭くてストレスになる。
カー用品
最新記事