さて、先の選挙でいわゆる民意が選挙結果に反映されました。衆院選挙で18歳投票は今回が初めてでもありました。さて、選挙結果や特定の政党、政治理念や思想はともかく、今回の選挙の投票率は53.6%と、台風を考慮してもとても低い水準でした。選挙に行かない人は行かない自由を行使しただけなのでそれについて文句はありませんが、その代わり重税を課されようがどうなろうが一切文句を言ってはなりません。って、それもさておき、どうすれば投票率を100%にできるのか?と考察してみます。先に結論を出すと100%にするのは100%無理です・・・はい終わり!で終わるのもアレなのでもう少し考えてみます。なぜ100%が無理かというと、戸籍上だけ生きている人にも投票用紙が配られるからです。はい、これで無理ですね。戸籍上生きていることになっている人がたくさん居る理由はいろいろあります。次に、海外住みの人。海外住みでも投票できますが、 在外選挙人証が必要で、まずはこれを取得する申請からはじめなければならず、在外選挙人証を取得してもいろいろ面倒なことをしてやっと投票できるため、極めて選挙に関心があり、何が何でも全ての選挙に投票するのだ!という使命を感じている人以外は心が折れて、海外在住の間は投票を諦める人が多いです。それでも投票して欲しいですが。あと、身体が不自由でおいそれと選挙に出かけられない人。これは自治体によってサポートが手厚かったりそうでなかったり。このように、選挙に行きたくてもハードルが高い人や、この世に存在しない人を考えると100%は不可能なのです。では、普通に選挙に行けるくせに正当な理由無く行かない人に何らかのペナルティを与えるという案がたまに出ますが、既に選挙に行かないだけで「どうなっても文句は言いません。好きにしてください」という意思表示で自分で自分に罰を与えているようなものなので、放っておけば良いのですが、ただ、若い人には絶対に投票に行って欲しい!誰に入れていいかわからなかったら白紙投票でいい。なぜなら、誰が誰に投票したのかはもちろんわからないシステムですが、「誰が」ちゃんと投票に行ったのかはきっちりと記録、統計されており、政治家は投票率の高い層に顔を向けて政治をします。今は高年層の投票率が高いため、若者は蔑ろにされ、ますます少子高齢化が進むなかで若者がまともに生活すらできない世の中になってしまうのです。だから、若者ほど投票率を限りなく100%に近く選挙に参加して欲しいのです。そう言う私は若者ではありませんが、次の世代の若者へ託していかなければならない中、今の若者世代には一人一人しっかりと自立した盤石の生活基盤を築いてもらわないと、もう日本国民全員共倒れとなります。せっかく選挙権が18歳に引き下げられたので、若者はとにかく選挙に参加しろ!年寄りは放っておいても投票に行きます。なぜなら、年寄りはまだまだ甘い汁を吸いたいからなのです。表題から話が逸れまくりましたが、これが本題でした。そしてこの話は決して大袈裟ではありません。インターネット投票についてはまたの機会に。