エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

2017年03月

ハッピーハッキングプロ2(Happy Hacking Keyboard Professional2)



Happy Hacking Keyboard Professional2のUS配列モデルを購入しました。
何故必要になったかというと、US配列キーボードのMacBook ProでparallelsのWindows10上で作業する際はUS配列のキーボードで合わせてやらないととてつもなく使い勝手が悪かったのです。私はMacBook Pro本体のキーボードは基本的に使いません。なのでMacBook本体のキーボードは見栄えがいいUS配列を選んで実際は外付けのキーボードを使うというやり方でした。さらにMacのOSはUS配列とJIS配列のキーボードを同時に接続しても勝手に判断してくれるので、本体はUS配列ながらも外付けはBluetoothのFILCOのメカニカルキーボードを愛用していました。でもこいつがJIS配列でしたがMacのOSは勝手にJISキーボードだと判別してなんの違和感もなく使えていたのです。しかし!最近MacBook Pro15インチ2016松モデルに買い替え、これほどパワーがあれば仮想環境でWindowsも余裕で動くだろうとparallelsをインストールし、そこにWindows10を入れました。しかし、WindowsはコントロールパネルでJIS配列やUS配列を追加したり削除したり、さらにJISとUSを混在させたままであると強制的にJISに戻ったりUSになったりで鬱陶しいのでタスクバー上にはMacBook本体に合わせてUSキーボードしか存在させないようにしました。そうなるとJIS配列の外付けキーボードが使いづらくなり、US配列の外付けキーボードが必要になったのです。同じFILCOのUS配列でも良かったのですが、気分を変えてみたいとHHKBpro2(Happy Hacking Keyboard Professional2)を購入しました。でも、私はもともとハッピーハッキングはボッタクリな気がしてあまり気分が乗らなかったのですが、静電容量キーボードというものを体験してみたかったことと、東プレ製ではコンパクトで小洒落たデザインのものがなかったのでこいつにしました。打鍵感覚はFILCO等が採用するメカニカル、cherryの茶軸とほぼ同じ感じで、耐久性も5000万回と同じなのですが、キートップの印刷部分がFILCOの場合は塗装(!?)のような感じで、長年の使用でハゲて見た目が悪くなりそうなことに対し、HHKB側は昇華印刷という染み込ませるタイプなのでかなり強い耐久性があることで軍配が上がりました。そして、あえて無線ではなく、USB接続にしたのはMacBook Pro 2016年モデルは13インチのボトムモデル以外全てタッチバー搭載で、物理的なファンクションキーがなくなったため、万が一ファンクションキーを押しながらの立ち上げが必要になった場合は役に立つのではなかろうかという考えもありました。Fnキー押しながらじゃないといけないけど、物理キーには変わりありません。そして今この文章もHHKBで打ち込んでいますが、とても癖が強く、こいつに慣れる自信がイマイチありません・・・


ハイブリッドカーについて思うこと

最近車検を受けました。代車はフィットハイブリッドで、ハイブリッド車が代車になること自体初めてではないのですが、今回のフィットハイブリッドは生充電、エンジンやバッテリーからの動力供給等が一目でわかるモニターがついており、最近のハイブリッド車にはほとんどこのようなモニターがあるのでは無いでしょうか?アクセルを離すと回生充電、モーターだけの動力、エンジンだけの動力、そして両方使って一気に加速等、状態が目で見えるのでとても面白かったです。そこで思ったことは、ハイブリッド車は動力供給用バッテリーの容量が大きければいいものではなく、また満充電にしておいても無駄なので回生充電された電力は遠慮なく放出した方が効率がいいので一般的な運転の回生充電で貯められるギリギリの容量のバッテリーの方がより軽量化とスペース効率が良くなるものなんだろうなと考えせられました。いや〜しかしなまじあんなモニターがついていると運転中ずっと頭を使わなければならないのでかえって疲れるな〜という感想です。しかしですね。これで鬼のように燃費が良くなるとは思いますが、それで節約できるガソリン代でペイできるのかとはまた別の話です。
余談ですが車検でディーラーがあるミスを「やらかした」のでまた近いうちに車を持っていかなければなりません。また代車にフィットハイブリッド貸して欲しいなあ・・・

Twitter プロフィール
DC5インテR以上に愛せる車がこれからの人生で出て来るのだろうか?もし出て来るとしたらインテグラの名前でタイプRを復活させたときである。現在のパートナーはPolo GTI(com挟んで237馬力、40.2kgのエコカー仕様)。さすが欧州車最高!と褒めたいけどクラッチとフットレストのクリアランスが狭くてストレスになる。
カー用品
最新記事