エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

2016年12月

ベロフのHID、スペックルマンGTのバルブを交換してみた!



さて、冬で夜が長い季節、車のヘッドライト点灯時間も長くなります。
やはり明るいほうがいいですよね!

そこで、今取り付けているベロフの45WのHID「スペックルマンGT」と組み合わせていた色温度6000Kの「GT6000」を色温度4300Kの「アクティブホワイト」に変更しました。色合いは純白のGT6000から一気にハロゲン色になりましたが、やはりこいつが一番明るいです。ベロフに問い合わせた明るさのデータを書いておきます。明るさの単位はルーメン(光束)です。メーカーによって計測条件が違うので「これなら他所の方が明るい」とかには直接繋がりませんのでご注意を。ちなみに下記、全部試しました。実用性はギリギリ6000ケルビンですが雨が降ると暗いだけです。あのハロゲン色がどうしても嫌なら5000ケルビンですね。

スペックルマンGTと組み合わせた場合

アクティブホワイト
4300ケルビン(肉眼でハロゲンに近い色)
→約5000ルーメン!


GT5000
5000ケルビン(肉眼ではうっすら緑がかった白。おそらく色温度はもう少し高い)
→約4000ルーメン


GT6000
6000ケルビン(肉眼では純白。ニュートラルに白い)
→約3000ルーメン


GT7000
7000ケルビン(公称では蒼白だが肉眼では緑がかった色)
→約2000ルーメン


と、色温度が高くなるとどんどん暗くなり、また色温度が低すぎても暗くなります。
実用性は4000ケルビンがナンバーワン!






WINDOWS10が立ち上がらなくなった!その原因は・・・

WINDOWS10が全然立ち上がらなくなりました。
1周年のBIGUPDATEであちらこちら炎上していたようなので、もしや原因はOSか?
と思ってクリーンインストールしてみました。でもすぐに立ち上がらなくなり、何が原因かわからず往生しました。
もともと私のPCはハードウェアRAID0でSSDを4つ繋げて爆速仕様にしていたり、クリーンインストールするときもデータ用HDDを繋げたまま手抜きなことをしていたので何が悪さしているのかサッパリわからずでした。
しょうがないのでセーフモードで立ち上げると立ち上がりました!さらに、セーフモードでなく低解像度モードでも立ち上がりました!ということはグラボが不具合なのかと他のグラボで立ち上げると普通に立ち上がりました!原因グラフィックボードだったのです。長年使っていたGTX570でしたが、一旦引退させてGTX1060をポチりました。急速に円安に振れはじめたので底値の今あわててポチリ、次回1060GTXでテストできるのは二週間後くらいになりそうかな・・・月に数回しか電源を入れないパソコンの為に1060GTXはオーバースペックもいいところですが、CPUもヘキサコアでメモリも48Gというハイエンド志向なので精神衛生上最低でも1060でしょ!ってことで自己満足しました。ま、年に数回のエンコードでも役に立ってくれそうだし、また5年は使うので悪くない買い物だ!
(ポチったときの値段は30302円也)






Twitter プロフィール
DC5インテR以上に愛せる車がこれからの人生で出て来るのだろうか?もし出て来るとしたらインテグラの名前でタイプRを復活させたときである。現在のパートナーはPolo GTI(com挟んで237馬力、40.2kgのエコカー仕様)。さすが欧州車最高!と褒めたいけどクラッチとフットレストのクリアランスが狭くてストレスになる。
カー用品
最新記事