エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

SUBARU WRX STIに乗ってみた!いい加減にEJ20を引退させろ!BRZの方が5倍楽しいぞ!

「インプレッサ」の名が取れて正式車名がWRXとなったWRXに乗って来ました。先に断っておきますが、今回も前のS660と同じく営業さん横乗りのただの街中ドライブなので殆ど情報が取れなかったです。

エンジン形式 EJ20型
駆動方式  AWD
最高出力 227kW (308PS) /6,400rpm
最大トルク 422N·m (43.0kgf·m) /4,400rpm
変速機 6速MT
サスペンション 前: ストラット式後: ダブルウィッシュボーン式
全長 4,595mm
全幅 1,795mm
全高 1,465mm
ホイールベース 2,650mm
車両重量 1,480-1,490kg(STI)


もうこの車に関して、速いことは誰でも知っているのだからそういう話題にはあまり触れる気すら起こりません。なので以前試乗したFK8シビックタイプRと較べてどんな感じかを織り交ぜた感想となります。さて、今日も試乗車があるスバルの店舗へいきなり電話をして試乗のアポを取り、昨日のホンダカーズに続いて急な試乗を快諾してくださいました。今日訪れたスバルの営業さんは会っていきなり名刺をくださいました。昨日のホ◯ダカーズの営業さんは名刺をくれなかったのですが、まあ名刺をくれるのが普通ですよね。少し話が逸れますが、私は昔初代レガシィB4となるBE5に乗っていたことがあり、その車を買った時の営業さんが「伝説の営業」と呼ばれる男でその時点で通算1800台以上売っていた方で、後に富士重工(現スバル)の幹部にまでなられた方です。その後ホンダ車に乗り換えたあとも保険でずっとお付き合いがありました。今日名刺をくれた営業さんにその方の名前を知っているか訊いてみたら当然のように知っておられました。と、話は逸れましたが早速エンジンスタート。完全なコールドスタートのため少しアイドリングさせてからゆっくりとスタート。今日も横に営業さんが乗っているので道順もなにもかも指示通りに走ることに。この車、全幅が1795mmもあるくせに、クラッチとフットレストのクリアランスが私の6RDAJGTIと同じくらい狭い!いきなりマイナスな印象。で、ただの街中ドライブなので性能テストは精々加速力くらい。言わずもがなすんごい加速力です!AWDの恩恵で加速中にタイヤのグリップが怪しくなるようなことはなく、安心して加速してくれます。(でも加速力のパンチは正直言って6RDAJGTIの方があります。) ここで感じたのはタイヤの接地感がFK8シビックタイプRより希薄で、FK8シビックタイプRの方がしっかりと路面を捉えている感じがありました。FFのシビックはサスペンションでしっかり接地させておかないと加速の際にタイヤのグリップが負けてしまうため、AWDのWRXはそこまで地面に張り付かせる必要が無いからかと思われます。また、ブレーキの容量もフロント4ポッドのFK8シビックタイプRに対しWRX STIは6ポッドと大容量で1500kgの車体を制動しますが、普通に乗って普通に止まる分にはただのブレーキです。そういうわけで今日もただの街中ドライブなので結局なにも分からなかったよ!でも、これだけははっきり言えます。この車、未だに化石エンジンEJ20を採用しているため、燃費がかなり悪く登場して今年で4年目となるため、そろそろフルモデルチェンジの匂いがするためこの車を購入検討している場合は少し待つか、大幅値引きを引き出す材料にすればいいかと思います。普段から駄文しか書けない私が今日輪をかけて駄文になってしまったのは、はっきり言ってこの車は面白くもなんともなく、GC8のように暴力的なパンチ力を感じられず、いくら素性がいいとはいえ化石エンジンEJ20をドーピングして大きく重くなった車体を頑張って動かそうとしている「疲労感」のようなものを感じたのです。社会人になって初めて買った車がスバル車であり、このEJ20を積んでいたBE5のレガシィB4に乗っていた自分としては時を経て進化しているようでしていないモヤモヤした感情がよぎりました。スバルファンやWRXオーナーの方は気を悪くしないでください。WRXが超一流の車であることを前提にした上での正直な気持ちでした。

※EJ20を化石化石と連呼していますが、これは化石と呼ばれるまで使い倒すことを前提に開発された超名機であって、けっして悪口ではなくリスペクトを込めています。

スバル1



ホンダのS660に試乗してみた!動力性能はどうあがいても所詮は軽(笑)!だがしかし!ロータスエリーゼを買うならこれを買え!

本日は以前から気になっていたホンダのS660を試乗してきました。

エンジン S07A型 660cc 直3 DOHC
駆動方式 MR
最高出力 47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク 104N・m(10.6kg・m)/2,600rpm
変速機 6速MT / CVT
サスペンション マクファーソン・ストラット(前・後共)
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,180mm
ホイールベース 2,285mm
車両重量 830-850kg


試乗車が置いてあるホンダカーズ某旗艦店に急に電話で試乗を申し込んだにも関わらず、快く試乗を承諾してくださいました。実は、昨日行って来た大阪オートメッセでS660のシートに座ってみて、まるでゴーカートのような目線の低さに驚き、これはすぐにでも乗ってみたい!と思い立った次第でございます。名刺もくれなかった営業さんがナビシートに乗り込み、早速エンジンスタート。完全なコールドスタートだったのでせめて1、2分はアイドリングしてからスタートしようかと思っていたら名刺をくれなかった名前も知らない営業さんに早く車を出すように促され、慌てて車道に出ました。さすがMR、後ろからエンジン音が聞こえて来ますね。シフトチェンジしたとき、「ピシャン」とリサキュレーションバルブ(純正だからブローオフバルブと言うと語弊があるかな?)の音がしたので心の中で「おお!カッコいい!」と叫んでしまいました。また、軽サイズなのにクラッチとフットレストの間の距離も充分で、私のように足が大きくデカい靴でも運転しやすい感じで、好印象でした。アクセルを踏んだときのピックアップの感じもさすがホンダ車といった感じでターボ車にしてはリニアで、MRなのでトラクションがしっかりかかっている感じはAWDに似た安心感がありました。しかし!体感できたのはここまでで、所詮は街中のチョイ乗り。この車のウリである旋回性能やブレーキングは全く試せず仕舞いでした。そう、いくらハイパフォーマンスにチューニングしていようとも加速性能は所詮660ccの軽。 いくら車重が900kg切っているからといってもパワーなんてまったく期待できません。この車を真に楽しむには、如何に高い速度を保ったまま旋回するかがキモであり、それを試してみるにはワインディングにでも持ち込まないと真価を発揮できません。よって、今日の試乗はただの街中ドライブに過ぎず、名刺もくれなかった名も知らない営業さんは「購入時期はいつ頃でお考えですか?」「セカンドカーとしての購入ですよね?」と名刺もくれないくせにずっと隣で念仏のように唱えておられました。まあ確かに、こちらも最初から完全に冷やかしで買う目的では無いことは確かで、悪いとは思ってはいますがS660、しかもMTの試乗車が置いてある旗艦店なので近隣の都道府県からも冷やかし試乗に来ることくらいわかった上で試乗車を置いているわけでしょう?と、ちょっとだけ心の中で意見をしました。いやでも試乗させていただきありがとうございました。もし次回乗れる機会があれば六甲山あたりを気持ちよく走らせてみたいものです。ん?結局なんのインプレッションにもなっていないですが、私のような推敲もしない誤字脱字上等の三流作文を読んでくださる優しい方々はこれからも暖かく見守ってくださることでしょう。
そういうわけでなんの参考にもならない結果に終わって申し訳ございませんでした!
m(_ _)m

しかし!特筆すべきはブレーキがブレンボ系のガッツリ踏んだら踏んだ分だけの効きをみせる味付けはさすがはホンダ!日本車ほぼ全てに共通するいわゆる「フニャ」ブレーキで無いだけでも私としてはスイフトスポーツより好印象でしたよ!
名称未設定 1
















NHKから脅迫状が届いた!言いたいことがあるなら弁護士でも連れて菓子折りでも持って来い!来い!

NHKから「放送受信契約のお願い」という名の脅迫状が封書でポストに入っていました。さっそく中身を開封すると、放送受信契約を結べという内容の文章が記述してあり、放送受信契約書と住所変更届等が同封されていました。受信設備をお持ちで無い方は今後受信設備を設置した場合は契約書を送ってくださいと書いていました。そう、ここまでは問題ありません。放送法64条第一項にて、協会(NHKのこと)の放送を受信できる受信設備を設置した者は、協会とその放送についての契約をしなければならないと書いてあるのでNHKを視聴したいのであれば契約しなければなりません。ニュースや天気予報、天変地異・災害時にはそれに関わる情報提供をし、また教育テレビでは教育の為の放送をしており、また商業スポンサーからの金銭の提供を受けず、一般視聴者から徴収した視聴料で賄っている、一応は公共放送局の体をなしているのがNHKです。公共放送とか言いつつ偏向報道だとかくだらない大河ドラマや朝ドラ、バラエティに金をかけるなとかいう意見もありますがここではそれを問題にしません。そう、NHKを観ているのであればちゃんと契約して受信料を支払いましょう。平成29年の最高裁判決で放送法は「契約の自由」に反する憲法違反では無いかという問いに対し、合憲であるという判決が下されました。これでとりあえず放送法64条というのは違憲ではなくなったのです!
さてここからが本題!
なぜこの封書が「脅迫状」といえるのでしょうか?それは、NHKが下記放送法64条の部分からNHKにとって都合のいい部分だけを切り取って、受信設備があるだけで全員契約の義務があるかのように錯誤させる嘘を記述し、さらには「それでもなお、ご理解が得られない場合、やむを得ず、法的手続きによりご契約・お支払いをいただくことになります」と記述されています。普通の人がこういう文言を見たら恐怖をおぼえますよね?でも、法的手続きどうのこうのについては後で解説します。

第64条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

放送法の受信契約義務については但し書きがあり、放送の受信を目的としない受信設備についてはこの限りでは無いと明言されているのです!どういうわけかというと、たとえば家電量販店で展示されているテレビ、あれはちゃんと実際にチューナーに受信信号を繋いでNHKが受信できる状態になっていますが、あれはあくまでもテレビを売るための展示であり、NHKを観るための目的ではないので受信契約義務は発生しません。そう、この但し書きの内容は「NHKを観ないのであれば受信契約義務は無い」という解釈となり、「受信設備を設置していても、放送の受信を目的としない受信設備は契約義務が無い」ということになるのです!そう、放送法64条というのはあくまでも放送の受信を目的とした設備を設置した者に対し、契約義務が生じるのであって、受信設備を設置していてもNHKなんか観ることを目的としていない場合は契約の義務すら無いと、放送法64条そのものが太鼓判を押しているのです!

これに対し、NHKからポストに投函されていた封書の中身は64条の但し書きを無視し、さも必ず契約しなければならないかのように錯誤させ、また「法的手続きを取る」と、普段法律とかに馴染みの無い人にとっては充分な恐怖感を与え、必死に契約させようとしているわけです。そう、文章の内容がどんな書き方であっても相手に恐怖感や不安感を与えるような文言は充分「脅迫状」といって差し支え無いわけです。


しかし、ご安心あれ!

何故NHKが急にこんな封書を絨毯爆撃して躍起になっているかというと、平成29年の放送法64条合憲判決は、事実上NHKが全面敗訴しているようなものなのです!
どういうことかというと、放送法64条そのものは違憲じゃないけど、NHKの「受信設備を設置した瞬間に遡って支払い義務が生じる」という主張は
木っ端微塵に退かれ、「法的に受信契約義務を生じさせるためには設置者全員個別に裁判を起こし、勝訴した段階から契約義務が生じる」という内容だったので、今後NHKは受信料を払わせたかったら設置者全てに対し、放送の受信を目的とした受信設備を設置していることを証明しつつ、裁判を起こして時間をお金と手間暇かけて全員を相手にしなければならなくなったわけです!

そういうNHKにとって都合の悪い部分を隠して文章を読んだ人を不安に陥れ、錯誤させて契約を強要するような行為はまさに脅迫そのものといっても差し支えありません!なのでNHKを観ていないのに受信料を払いたくないという人はNHKに裁判を起こされてもし敗訴した場合のみ、払って差し上げればいいのですが、そもそももしも敗訴した瞬間にテレビ(受信設備)を破棄すればもはや一銭も支払う必要すらなくなります。何せ、敗訴してから支払い義務が生じるからです。そもそも、但し書き部分があるのでそれをもって応戦すればいいのです。また、テレビ(受信設備)が無いと嘘をつくのはいけない行為ですが、たとえ捜査員であっても裁判所の令状が無ければ他人の家に勝手に入ることは許されていない(110番を受けた警察官が被害者の身の安全を守るために窓を割ってでも立ち入るとか緊急的なものや税金不払いの差し押さえ等、一部特殊な行政機能の例外はありますが)ため、受信設備が設置されていることの証明すらほぼ不可能なのです。

そういうわけで、今後NHKの委託会社の人が訪問してきたら「お帰りください」の一辺倒で通してください。しつこいようであれば110番しましょう。帰ってくれと言っても去らないのは不退去罪という立派な罪です。平成29年の判決でNHKは苦しい立場になり、今後ありとあらゆる方法でNHKを観たくも無い善良な国民を脅し空かすと思いますが、決して負けないでください!

但し!NHKを視聴している人はちゃんと受信料を払いましょう!当たり前のことです!

NHKはゴチャゴチャ言ってスクランブルをかけたがりませんがそれはNHKの勝手だし、そもそも観ない人はスクランブルをかけようがかけまいが観ないのでここではあまり関係ない話となります。

IMG_1738IMG_1745


Twitter プロフィール
DC5インテR以上に愛せる車がこれからの人生で出て来るのだろうか?もし出て来るとしたらインテグラの名前でタイプRを復活させたときである。現在のパートナーはPolo GTI(com挟んで237馬力、40.2kgのエコカー仕様)。さすが欧州車最高!と褒めたいけどクラッチとフットレストのクリアランスが狭くてストレスになる。
カー用品
最新記事