エンジン全開

役に立たないつぶやき→https://twitter.com/27000rpm

ご意見ご感想
27000rpm@gmail.com

ルノー・ルーテシア R.S. トロフィーに乗ってみた!これはデザインだけで買う理由になる!買え!でも対応した営業さんの対応はちょっとアレだったぞ!3

さて、ルノーといえば言わずもがなF1の名門。そしてメガーヌでシビックと不毛なFFニュルブルクリンク世界最速を争っているレーシングなメーカーというイメージから、あの日産を買収したことでフランス車の中では最も身近に思えるメーカーでは無いでしょうか?(個人的見解)
そんなルノーが出すスポーティなグレードの車、やはり乗っておくべきですね。(→試乗乞食が言うな!)

ルーテシア R.S. トロフィー(試乗したやつはマイナー前なのでハロゲンランプだったりちょっと違う)
ABA-RM5M1
全長× 全幅× 全高 mm    4,105 × 1,750 × 1,435
ホイールベース mm    2,600
トレッド(前/ 後) mm    1,505/1,500
車両重量 kg    1,290
定員    5人
エンジン型式    M5M
エンジンタイプ    ターボチャージャー付 筒内直接噴射 直列4 気筒DOHC 16 バルブ
総排気量 L    1.618
内径× 行程 mm    79.7 × 81.1
燃料供給装置    電子制御式マルチポイントインジェクション
最高出力 kW(ps)/rpm(EEC)    162(220)/6,050
最大トルク N・m(kgm)/rpm(EEC)    260(26.5)/2,000
使用燃料/ 燃料タンク容量 L    無鉛プレミアムガソリン/45
駆動方式    前輪駆動(FF)
トランスミッション    6 速 EDC( エフィシエント デュアル クラッチ)


目をつけたのがこのRSトロフィー。メガーヌのRSは既にカタログラインナップに無く、限定発売のファイナルエディションとなり、時期モデル待ちの状態です。さて今回も「いきなりアポ!」で電話突撃!・・・あれ?何度コールしても電話に出ない?・・・ん?・・でも今日は営業しているはずだよなあ・・・っといった感じで何度も電話してやっと電話に出てくれたのですが、「はい、ルノー◯◯です・・⤵」やる気のなさそうな声・・・「こんにちは。突然お電話して不躾なお願いですが、そちらにルーテシアのトロフィ試乗車があるとのことなので、乗せていただけませんか?」「あールーテシア?は?(チッ面倒くせえ)ああ、確認しますので少しお待ちください」しばらく待って「あーはい。乗れますよ」「じゃあ一時間後くらいに伺いますね」「あーはい(チッ面倒くせえ)そうですか」「では私の名は」「ガチャッ」っという具合で、営業さんもなかなかおフランスな態度(フランス人さんごめんなさい)でした。そしてディーラー到着。ゆっくりと敷地に入って車を停めると、ショールーム入り口がどこかわからない。奥にサービスピットがあって誰かいるようでしたが誰も出てこない。キョロキョロ探してどうやらショールームは二階にあるようなので二階に上がり、店内に入ると受付にこれまた生気の無い顔をした受付のお姉さんが「は?誰?」という表情をしていたので「あの、一時間くらい前にお電話させていただいていた者なのですが」と話しかけると奥からやる気のなさそうなヒョロっとした営業さんが出てきて「あー、じゃあ下に降りましょうか(チッ面倒くせえ)名刺も渡さずズカズカと先に一階に降りて行ったので「なるほど。これがフランス流のおもてなしなのか」(フランス人さんごめんなさい)と思いながらルーテシアの場所まで案内されました。まあ、試乗乞食の私がエラそうに言えた義理じゃないですがここまでの対応に正直イラッときていました。しかし!ルーテシアの実車を見たらそんな気分は一気に吹き飛びました。 「なんてオシャレなデザインだ!」丸みを帯びた流線型のシルエットに、大きな目(ヘッドライトハウジング)がフロントフードのライン沿いにカットされてスポーティな雰囲気を醸しつつもかわいらしさとカッコよさを両立させた強烈にインパクトのある外観だけでも所有欲を満たされるであろうデザインには脱帽しました。そして中に乗り込むとスポーツグレードらしい赤のラインを散りばめた硬派なインテリア、そしてエアコンの吹出口がハニカム構造でこれもオシャレ!というわけでシートやミラー、ハンドルの位置を合わせていざ発進!(あれ?よく考えたらこの営業さん誓約書はおろか免許証確認すらしていないぞ!?まあいいか。)やはりこいつも乾式デュアルクラッチATの宿命であるバタバタ挙動はありました。適度にエンジン音が車内に入ってくるのもわざとだそうです。こいつのウインカーリレーの音もオシャレでした。足回りは見た目のオシャレさとは違ってスポーツグレードらしいというか欧州車共通のやや固めで路面をコトンコトンを拾うような感じで、これは想像通りでした。動力性能は上に記載してある通り。今回は街中どころかやや都会の渋滞参加型試乗だったのでこれ以上何も感想は書けないです。そういうわけで今回は「ルーテシアのデザインは素晴らしかった」という感想。以上!
※このルーテシアも日本向けモデルでMTの輸入は完全廃止だそうです。日本の正規ディーラーでルノーのMTを乗りたけれはトゥインゴGTか、時期メガーヌRSを待つしか無いそうです。
ルーテシア

















VW(フォルクスワーゲン)Golf Rに乗ってみた!MT設定が無くなるらしいぞ!急いで今すぐ買え!5

最強のGolfといえばGTIでもなくGTEでもなく、「R」ですね!

ABA-AUCJXF
乗車定員     5人
ボディタイプ     5ドアハッチバック
エンジン     2.0L直4ガソリン
総排気量     1984cc
内径×行程     82.5mm×92.8mm
圧縮比     9.3
過給機     IC付きターボ
燃料供給装置     電子制御式
燃料タンク容量     55リットル
駆動方式     AWD
最高出力     228kW(310PS)
最大トルク   380Nm(38.7kg)
変速機     6速MT/7速DCT(DSG)
サスペンション     前:マクファーソンストラット
後:4リンク / トレーリングアーム
全長     4,275mm
全幅     1,800mm
全高     1,465mm
ホイールベース     2,635mm
車両重量     1,470kg
タイヤサイズ(前)     225/40R18
タイヤサイズ(後)     225/40R18
最小回転半径     5.2m
JC08モード燃費    12.6km/リットル

スペシャル諸元※GTIユーザーからの情報。おそらくRと同じ
クラッチとフットレストのクリアランス
13cm(通常時)
6cm(クラッチを踏み込んだ状態)
8cm(ブレーキ~クラッチ間)


そういうわけでGolf Rの試乗車があった某店舗に「いきなりアポ!」しかし、残念ながら夕方遅い時間まで戻っとこないらしく、しかもいつ戻るかわからない。ひょっとしたら夜かも知れないとのことorz...
最近ずっと「いきなりアポ!」で順風満帆に試乗乞食が出来ていたのにこれは後日の試乗を正式予約しようかと思っていたら、営業さんから電話が入り、戻って来そうな時間帯を連絡してくれました。これはもう乗るしか無いのでその時間帯にディーラーに向かったところ、、戻ってきたGolf Rのガソリンがほぼ空なので給油に行っている間に美味しいアイスコーヒーをご馳走になりました。そしてショールームから外を眺めていると清純なピュアホワイト(脳内妄想変換)のRが店に戻って来ました!電話をくれて給油に向かっていた営業さんの名刺をいただき、アンケート、誓約書、免許証提示等の儀式を済ませていざ試乗!「写真を撮らせてもらっていいですか?」「あ、はい。でもナンバーは勘弁してください💦」というわけで軽く撮影後、車内に乗り込むことに。わざわざドアを開けてくださって閉めてくださいました。シートやミラーの位置を合わせていると、いきなり営業さんの口から衝撃的な言葉が!な、なんとGolf RはMTの設定が無くなってしまうことが決まったらしいのです!「え?それはドイツ本国まるごとですか?日本だけですか?💦」「うーん。ドイツ本国ではなく日本だけの可能性も高いですが、なにせ今日(試乗した日)通達があったものですから・・」という悲報を聞いてからの試乗スタート。 試乗車はお約束の7速DSGでした。もちろん今回も街中ドライブなので営業さん横乗りの単なるドライブに過ぎなかったのですが、けっこう流れの速いバイパスもコースに含まれているので60km/hまでは好きなように加速できます。営業さんに白バイポイントをご教示いただきつつ走ったのですが、ゴールド免許(無事故無検挙!)私はそんな白バイさんなんかに縁は無いのではいはいなるほどと言いながら白バイ有名ポイントを通過しました。まずはシートですが、バケット風のスポーティな形をしていながらも座り心地は柔らかくラグジュアリー。走り出してみるとDSG(DCT)の乾式デュアルクラッチらしいバタバタした感じはどうしても出てしまいます。街中ドライブなので、普通に走っている分にはTSIハイラインと変わらない感じです。接地感は同じAWDのWRXSTIと似たような(似ていないけど)、AWDの余裕なのか地面に貼りつかせるようなサスセッティングでは無い印象でした。ターボラグもあまり感じられず、重たい車体をごく自然に加速させるようなフィーリングで、ハンドリングの追従性も至っておとなしく、ブレーキもとても自然なフィーリングなのであまりにもこいつの特徴というか、個性を感じず、足の固さも先日代車で出たGTEと似たような感じで、噂に聞く「モンスター」とは全然違う印象に驚いてしまいました。そうこう思っている間に流れの速いバイパスに合流。このときアクセルを踏み込んだのですが一気にドカンとGがかかるような加速ではなく、「めちゃくちゃ自然でラグジュアリーでありながらものすごく鋭い」という言葉では説明できない加速感でバイパスに入り、普通なら60km/hでは曲がるのがちょっとキツめのコーナーでも「大人しめな追従性でごく自然に曲がる」という、これまた言葉では説明できない挙動を見せてくれます。そう、これをちゃんと言葉に表すと、普通に走る分から「急加速・急ハンドル・急ブレーキ」の粗い操作をしても挙動がいちいち「上品」であろうとするのです!Rというグレードであること、そしてWRXSTI等とガチンコのライバルとされるGolf Rですが、見た目からして筋肉モリモリマッチョマンを主張しているWRXSTIやFFながらFK8シビックRと違い、こいつはフォーマルなスーツの中に筋肉を隠している紳士マッチョマン!既にマッチョグレードとして存在するGTIとは一線を画しつつもさりげなくエンブレムはRを冠し、VWの象徴的モデルであるGolfシリーズの頂点に立っているというなんとも変態的なモデルでありました。そう、変態は紳士で無ければいけないのです!いわばVWの変態紳士、それがGolf Rなのです!ただ、DSGのバタバタはさっさと直せ!できないならMT設定を消すな!

結論:(変態紳士って言いたいだけの為にゴチャゴチャ駄文を連ねていただけだった!)


GOLF2























Audi(アウディ) A3 Sportbackに試乗してきた!マークXなんて買うならこれを買え!5


さて、Audi A3 Sportbackに試乗してきました。
アウディといえばVW(フォルクスワーゲン)の傘下の一つですがVWのプレミアムブランドといった位置づけです。デザインも洗練されていて最近のメルセデスやBMWより大人の風格を持つイメージです。
そのアウディの中でA3 Sportbackの試乗キャンペーンをやっていたため、もちろん乗って来ましたよ!

乗車定員     5人
エンジン 
直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(1気筒=4バルブ) 
変速機     7速DCT(S-トロニック)
全長     4,310mm(スポーツバック)
全幅     1,780mm(スポーツバック)
全高     1,425mm(スポーツバック)
ホイールベース     2,636mm
車両重量 1,395kg
総排気量1,394cc
最高出力[ネット]
90 (122) / 5,000-6,000?kW(PS) / rpm
最大トルク[ネット]
200 (20.4) / 1,400-4,000?Nm(kgm) / rpm
トランク容量: 380 ℓ (VDA方式)  
燃料タンク容量: 50 ℓ 

いわゆるダウンサイジングターボですが、親会社VWの1.4リッターダウンサイジングターボに較べたらスペック的には大人しめであります。こちらはWEB試乗予約をしていたのですが、店は指定されていたものの、日時は決まっていなかったため、ディーラーにアポを取ってから向かいました。着いていきなり試乗車が用意されていたので、「もうお乗りになりますか?」と訊かれたのですぐに乗せてもらいました。暖気は終了していたようですがエンジンをかけるところからやらせていただいて、ミラーやシート、ハンドルのポジションをセッティングして営業さんが横乗りしていざ走り出してみると、トルコンのティプトロニックのようなスムースさだったので営業さんに「あれ?これトルコンのティプトロニックの方ですか?デュアルクラッチのDCTではなく?」と訊いてみると、「デュアルクラッチのDCTですよ」と。驚いたことに、いわゆる乾式クラッチのオートマ(VWで言うDSGやアウディではDCT)は発進時にバタバタと不快なバタつきがつきものでしたが、殆どそんな違和感が無かったのです。(マイナーチェンジで大幅改良されたとのこと)また、直進時にステアリングはけっこう重くなり直進安定感もありました。動力性能についてはお約束の街中ドライブなのでなんとも言えないことと、上記スペックの通りスポルトなんたらと言う割には控えめなパワーなので大体察しはつきます。しかしこの車、アウディのAシリーズ全てに共通することでしょうけど昔のメルセデスのような、鎧の中に居るような剛性感を感じます。それは決して重くてかったるいという意味ではなく、いい意味での懐古感ある「外車って頑丈だぜ!」というフィーリングを得ることができるのです。ウインカーリレーの音もとても上品で好みの音で、ブレーキもフニャつかずがっしりとしていてもうこれはただボケーっと何も考えずにただ運転しているだけで「the・ドイツ車」という印象を受けました。 こういった、飛ばさずとも普通に乗っているだけで剛性感と高級感を味わえるだけで、もうスペックなんてどうでもよく、乗り味だけでスポルトな感覚を伝えてくれるのでこれぞSportbackというグレードに恥じない満足な試乗でした。ただ、ダウンサイジングターボにしては、見た目のスペック控えめではありますがスペックに騙されてはいけません。こいつも普通に時速150km/hオーバーで涼しい顔してアウトバーンのような無法地帯自由な高速道路を巡航できる能力を持っています。峠やジムカーナ、サーキットで勝負!とかいう類の車ではありません。だって、燃費がJC08モードで19km/lなのでかなり優秀な実用車でもあります。さてディーラーに戻りました。アウディはプレミアムブランドを意識しているせいか、接客案内もホテルマンのような態度で臨まれましたが、実際のリアクションはかなりぎこちなく、席まで案内、そして飲み物のメニューを開いて何を飲むか訊く、そして飲み物を運んできてくるまで一連の接客をしてくれたお姉さんはガチガチに緊張してマニュアル通りの動きすらままならない感じでした。いくらプレミアムブランドのディーラーといえどコーンズにフェラーリでも買いに来たわけではないのでそこまでの接客をさせる必要も無いじゃないの?とちょっと微笑ましかったです。
さて、同乗された営業さんと車内でいろいろ話が盛り上がり、私がVWPoloGTIのMT車で来たことをやたら気にされていて、アウディには現在既に新車でMT車のラインナップが無く(S1ってまだ新車販売していたかな?)、もしアウディを買われるのでMT車ご希望であればS1の新古車で試乗可能なものを頑張って手配してみると言ってくれました。「もし取り寄せられたら是非試乗してください」と言ってくれて、とてもワクワクしました。S1って、私のGTIと同じようなボディでAWDなのでもし試乗が実現すれば嬉しくて卒倒してしまうかも知れません。そういうわけで、個人的にドイツ車で一番好きなアウディ車に乗って、しかもとても満足でしたよ!
図1
あ33333
20180302999991
2018030211251
IMG_1967
IMG_1966
今時の車はメーター部分が全液晶であらゆる情報を表示できることは今の時代、珍しいことではありませんがアナログ派な私としては複雑な気分でした。



Twitter プロフィール
DC5インテR以上に愛せる車がこれからの人生で出て来るのだろうか?もし出て来るとしたらインテグラの名前でタイプRを復活させたときである。現在のパートナーはPolo GTI(com挟んで237馬力、40.2kgのエコカー仕様)。さすが欧州車最高!と褒めたいけどクラッチとフットレストのクリアランスが狭くてストレスになる。
カー用品
最新記事